印刷物なら札幌のプリントアイ! 短納期でスピード印刷! 一般印刷物、クリアファイル、カラークリアポーチ(ビニールポーチ)、特殊印刷等 まずはお問合せください!

株式会社プリント・アイ

TEL:011-665-0098

FAX:011-665-0035

MAIL:info@print-eye.com

  • HOME
  • データ入稿方法

データ入稿方法

Macintosh環境について

使用OS MAC OS9.2.2 OS10.2
対応アプリケーション Adobe PhotoShop ~7.0J
Adobe PhotoShop ~7.0J
Adobe Illustrator 5.5/8.01/10J/CS2
Adobe Indesagin 2.0J
Adobe PageMaker6.5/7.0J
Adobe Acrobat5.0/6.0J
QuarkXpress3.3/4.1J
SMI EDICOLOR6.0
FUJI DoTop面付2.2.9

入稿の注意点

DTP全般
・最終の出力見本及び色見本の添付をお願いします。
 (特色の場合は、チップまたは印刷見本が必要です。)
・出力データと配置ファイルは出来るだけ同一の階層で保存して最終のデータのみを保存して下さい。
 (まれにですが同名の画像ファイルを別々のフォルダからリンクしている場合は、当社で再リンクを
 とった際に置き換わる事があります。)
・欧文フォントについては、当社に無い場合もありますので添付をお願いします。
Adobe Illustlator
・特色での印刷を除いて画像に限らずカラー指定はCMYKでお願いします。
 (RGB指定のオブジェクトではRIPの違いにより予想外の色調になる場合があります。)
・リンク画像を含むEPS形式で保存される事をおすすめします。
・フォントについては出来る限りのアウトライン化をお願いします。
・スミ以外で意図的にオーバープリントの設定をする必要のある場合は、その旨指示をお願いします。
・同様にスミベタ部分でオーバープリントを解除する場合もその旨指示をお願いします。
QuarkXPress
・バージョンの明記をお願いします。(3.X or 4.X)
・クォーク上の使用フォントについてはOCFかCIDかを明記して下さい。(特にモリサワフォント)
・複雑な組版を行っている場合は、「XPress Preferences」の添付をお願いします。
Adobe Photoshop
・画像の解像度は原寸で350dpi以上でお願いします。
・保存形式についてはCMYKのEPS及びTIFFで入稿して下さい。
・EPSの場合は、エンコーディング=JPEGでの入稿も可能です。
 (但し最高画質での保存をお奨めします。)

Windows(Msオフィス)環境について

当社環境 SO(オペレーティングシステム)Windows 98SE,Windows 2000
対応アプリケーション MicroSoft Word 2000, 2002(XP)
MicroSoft Excel 2000, 2002(XP)
MicroSoft PowerPoint 2000, 2002(XP)
フォント
(TrueTypeフォント)
Windows基本書体
Office書体
ダイナフォント タイプミュージアム(TrueType)100書体
RICOH ValueFontD2(和文50書体)

入稿の注意点

OS及び使用アプリケーションのバージョンを明記して下さい。
旧バージョンの設定が必ずしも新バージョンに継承されていない為、
体裁が変わる場合があります。
(上記バージョン以前のデータについては、それぞれ2000で対応する事になります。)
最終の出力見本を必ず添付して下さい。
Windowsではプリンタドライバの仕様の違いによっても体裁の崩れが生じる可能性があります。
(フォントを搭載したプリンターからの出力時にはプリンタフォントを使用せず、Windows搭載の
 フォントから出力して下さい。)
色調の変化について
Office系のアプリケーションは、基本的にカラースペースがRGBですので印刷用にCMYKに変換する
際に画面上で鮮やかな色ほど色調が大きく変わります。
(ほとんどの色がくすんだと感じられる様な色に変わります。)
ワードアート・透過度(半透明)の使用について
どちらも出力は可能ですが、塗りつぶしの際に透過度(透明)に数値を入れると、最終的には不規則な
パターンの埋込み画像として処理されますので画面の表示やプリンターでの出力結果とは微妙に異なる
ものになります。(ワードアートでの影付き文字の影部分やパターンで塗られている部分も同様です。)
画像について
RGBでの入稿が基本となりますが、テンプレートやクリップアートの画像データの大半は解像度が
原寸で100dpi前後ですので、印刷用のデータとしては不適当な場合があります。
WMF(ウィンドウズメタファイル)のデータについてはRGBである為に色調以外は問題有りません。
また、リンクする画像や他のアプリケーションで作成された表などは元データも一緒に添付して下さい。印刷に適する画像解像度は原寸で300~350dpi程度は必要です。
使用フォントについて
Windows環境では、上記フォント以外のフォントにつ いては、使用フォントを添付して下さい。
(CoreSepalationは処理を行ったマシン上のフォント環境でアウトラインデータに変換します。)
納期について
Officeデータの場合は、印刷に適したデータに変換する過程で 通常のDTPソフトに比べると不安定な
要素が有りますのでデータの確認の為に時間を頂く場合があります。
(完全データ同士であればDTPアプリケーションに対して約1.5倍から2倍程度)ご了承下さい。

・台紙サイズは横440mm×縦310mmです。
・表部分上部と下部にそれぞれ切り込みが入っています。
・上部の丸い切り込みは書類を出しやすいよう切り抜いております。
 また、下部の三角の切り込みは溶着個所の破れ防止となっています。
・クリアファイルの下から約6mmは溶着個所になりますので、
 文字等が掛からないよう制作の際にはお気を付け下さい。

必要事項を記入の上、原稿と一緒にお送りいただくか、
FAX(011-665-0035)にてご送信下さい。

注意事項

・作業開始はご入金を確認後とさせて頂きます。
・納期確認時に作業開始予定日をお知らせします。
 それまでにご入金された事を確認できない場合には納期の変更も有り得ますので
 ご了承ください。(その場合は再度納期をお知らせします。)
・見積価格は弊社渡しでの価格とさせて頂きます。(消費税・送料別)
・PP素材への校正は原則としていたしません。(インクジェット校正は有償でおこないます。)
・色見本による厳密な色合わせは素材の特性上非常に困難ですのでご理解を願います。
・商品の到着後、一週間以内にご連絡の無い場合、ご返品には応じられません。
・不良品については商品到着より一週間以内にご連絡ください。
 不良品を良品と交換いたします。またその際は弊社着払いにてご返送願います。)
・素材(ポリプロピレン)の特性上、乾燥不足のコピー・印刷物等を入れると
 ごくまれにカールする場合がありますご理解願います。
・発注依頼書はダウンロードして頂くかご連絡いただければFAXにて送信いたしますので
 発注時にデータに同封するか、メールまたはFAXで返信ください。

お問合せ クリアファイル、一般印刷、その他印刷等についてのご依頼はこちらから

お電話でのお問合せは

TEL:011-665-0098

FAXでのお問い合わせは

TEL:011-665-0098

メールでのお問合せは

info@print-eye.com

インターネットでのお問合せは

お問合せフォーム

お気軽にお問合せ下さい。

ページトップへ